ズキンと走る痛みに有効【変形性膝関節症のトラブルを解消】

予防するために重要な成分

サプリメント

段階別の症状と特徴

変形性膝関節症を発症すると、日々の生活さえ困難になります。ただ膝に痛みを感じるというだけではなく、激痛を伴うのが変形性膝関節症です。関節を動かさず安静にしていても激痛を感じるようになるため、何より変形性膝関節症にならないよう予防することが重要です。変形性膝関節症の初期症状は、ほとんど自覚症状がありません。初期段階から少し進むと、膝に違和感を感じるようになります。単なる違和感であり、痛みを感じることはほとんどありません。しかし、この段階になると、膝が変形し始めます。膝が変形することで、さらに症状が悪化し中期段階に進みます。中期段階では正座ができなくなる、しゃがむ行為や階段の登り降りができなくなるなどの症状が出ます。そして、後期段階では、少し動いただけでも激痛を感じるようになります。

軟骨をサポートしよう

普段の生活さえままならなくなる変形性膝関節症を予防するためには、何より軟骨をサポートすることが重要です。変形性膝関節症は軟骨がすり減ることが原因で発症するため、膝に何も違和感を感じていない時から軟骨を大事にするようにしましょう。軟骨をサポートするためには、グルコサミンやコンドロイチン、コラーゲンをサプリメントで摂取することが重要です。グルコサミンやコンドロイチン、コラーゲンは、軟骨を形成している成分です。特にグルコサミンは軟骨を形成している成分を生み出す成分であるため、積極的に摂取することが重要です。女性であれば40代から男性であれば40〜50代から、グルコサミンを摂取するようにしましょう。変形性膝関節症が重度になると、手術をするしかなくなります。手術をしても完治は非常に難しいため、何より変形性膝関節症にならないことが重要です。