ズキンと走る痛みに有効【変形性膝関節症のトラブルを解消】

膝痛に硫酸グルコサミン

膝

すり減った軟骨を再生

変形性膝関節症は、加齢とともに膝のクッションの役割を果たす軟骨がすり減ることで動作時に痛みを引き起こし、立ち上がったり歩いたりすることが大変になる病気です。この軟骨の材料の一つとなっているのがグルコサミンで、これを補給することで軟骨の修復、可動域の改善、痛みの緩和が期待できます。グルコサミンの中でも効果が高いのが、硫酸グルコサミンです。これはカニの殻を硫酸で加水分解したもので、摂取することで軟骨細胞が新たな軟骨を作り始め、すり減った部分の再生を促すという特徴があります。欧米では医療研究で発表され、実際の医療の中で積極的に利用されています。1日1グラムの摂取ですむため、手軽に続けていける治療法と言えるでしょう。

サプリの個人輸入が人気

このようなことから変形性膝関節症の人は、硫酸グルコサミンを試すことをおすすめします。しかしながら、日本では塩酸グルコサミンと呼ばれるもののみが市販されており、医薬品として指定されている硫酸グルコサミンを入手することはできません。そこで変形性膝関節症の人に人気となっているのが、硫酸グルコサミンサプリメントの個人輸入です。このようなサプリメントには成分が凝縮されており、少ない量でも確実に毎日の必要量を摂取していけることが、人気の理由と言えるでしょう。海外で販売されている商品を個人で輸入することで、誰でも変形性膝関節症対策として手軽に摂取することができます。この商品を扱っているショップは数多くあり、購入のしやすさも人気を支えています。